2010年6月10日

まちが壊れる

 この1ヶ月ほどは工事現場の中で暮らしているような感じがする。町内の空き家が次々と解体されてゆく。とっくに営業はしやめていた銭湯はあっという間に更地になった。マンションが建つという。筋向かいの家、独居の老人が住んでおられたが亡くなられてから数年空き家のまま、ようやく売れたのか解体工事がはじまった。勝手口の前の路地にあった建物も道を閉鎖して解体中である。京都のまちは自動車が登場する以前からの区画だから、工事用の車両が入れる道は少ない。比較的広いわが家の前の道には工事用車両が駐車することになる。

 家が古びて新しいものに立て替えられることは避けられないことだ。ところがマンションが建つとそこの住民たちは町内会には入らない。誰が住んでいるかもわからない。町内会には住民の半数も入っていないのではないか。

 まちは物理的に壊れるだけではなく、地域の連帯意識も同時に壊れてゆく。

このブログ記事について

このページは、kitanihitoが2010年6月10日 17:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2010年6月1日」です。

次のブログ記事は「2010年6月13日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。