2010年6月21日

デパ地下散策

食品の在庫管理は私の仕事である。仕入れのルートはだいたい四つある。第1は京都生協の配達、かさばるもの、重いもの、保存用の缶詰等を購入する。第2は毎週西賀茂から売りに来る農家の人から1週間分の野菜を買う。第3は大丸デパートの地下と錦市場である。平均して週1回散歩をかねて出かける。買う店とコーナーは決めている。河原町三条の明治屋に足を伸ばすこともある。第4は近隣のスーパーマーケットである。

 昨日の食材調達は烏丸六角のスターバックスからはじまった。ここでコーヒー豆ををいつも引いてもらう。コーヒーは銘柄にこだわりはない。朝にコーヒーをたっぷり飲むのは昔在外研究でドイツに滞在したときからの習慣である。最近はアフリカ産を買うことが多く、タンザニア産を買い求めた。

 四条の大丸まで歩き、食材の蓄えと夕食のおかずを買い求めた。私はいつもリュックに買い物用のトートバックを入れていて、買い物袋を原則としてもらわない。エコロジストの生活態度の基本だと思っている。周囲を観察すると買い物袋を持参している人はほとんど見かけない。いったいエコバックのブームは何だったのろうか。環境教育のいい加減さとデパート側の省資源策の無策ぶりを思わずにいられない。

  自前の袋で買い物をすると万引きを疑われることがあるという考えもあるという。本当だろうか。私のように人相の悪いものでもそのように疑われ調べられたことは一度もない。

 大丸から地下鉄の四条駅まで重い買い物袋をぶら下げて歩くのがだんだんとつらくなってきた。それそろ体力にあった運搬方法を考える時期なのかもしれない。

 

このブログ記事について

このページは、kitanihitoが2010年6月21日 13:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2010年6月19日」です。

次のブログ記事は「2010年6月29日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。