2010年6月29日

府立総合資料館

 久しぶりで総合資料館にかけた。最後に出かけたのは20年以上前になるだろうか。大阪の勤務先まで出かけて資料を探すよりも散歩の距離にあるここの方が都合がよかったから、白書や統計をみるのによくでかけたものだ。

 前は歩いたものをいまは地下鉄で二駅目の北山駅で下車、便利になった。外観は昔と全く変わらず。ということはそれだけ老朽化したということだ。エントランスも変わらず。2階の閲覧室に続く正面階段もあの頃は苦もなく上がれたのに今は少々息が弾む。

 しかし閲覧室に入ると昔のままで安堵した。大きな机は昔のまま、資料やノートを広げて仕事ができる。閲覧室からの眺めも昔とほとんど変わらない。比叡山と府立大学農場の緑は目を十二分に休ませてくれる。このような眺めを見ながら読書できるのは幸せなことだ。

 昔より利用者が多いように思われた。地下鉄の延伸と高齢化の影響だろうか。これからたびたび利用しようと思う。北山通にはあの頃と違いレストランや喫茶が立ち並んでいる。お昼はどこかよい店を見つけて食事をし、隣の府立植物園を散策する、これも高齢によって実現した至福の時間ではある。なにしろ時間に制約されることなく生きられるのだから。

このブログ記事について

このページは、kitanihitoが2010年6月29日 17:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2010年6月21日」です。

次のブログ記事は「2010年7月4日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。