2010年8月12日(入院日記抄)

 台風の影響で未明に雷鳴とどろく激しい雨。

 腹部超音波検査で前立腺肥大が確認されたので、泌尿器科受診。手術の必要なし、癌の心配もないとの診断。

 心理療法士の先生と面談。前回の入院の時にも面談があったが前回とくらべて変化があるかどうかの確認という。前回同様絵を描かされた。リンゴのたわわに実る樹をを描きたかったが似て非なるものになった。札幌市郊外にあったたくさんのりんご園、宅地化でもうあとかたもなく消え失せたであろう。ドイツ留学中に下宿した農家の庭にリンゴの木があった。実は小さいが美味であった。

 晴れ間に近くの東寺に散策に出かける。

R0010955.JPG 東寺、正確には教王護国寺、弘法大師空海にたまわった寺である。平安京の南の門である羅城門の東西に寺が建立されたためにこのように通称される。

 この寺を散策するのは今回で3度目である。最初は京都に住み着いてまもなくのことだった。金堂の薬師如来、講堂の大日如来を中心にした曼荼羅を表現したとされる仏像群が照明もなくほの暗い堂内に浮かび上がる様は「荘厳」としか表現しようがなかった。第2回目は2年前の入院の時に訪れた。今回は2年前の時よりも仏たちへR0010959.JPGの私の長命への願いは強まったいた。果たしてこのような身勝手な願いが仏たちに聞き入れられるものなのか。雨上がりの蒸し暑い堂内でしばらくの間仏たちの前に座していた。

このブログ記事について

このページは、kitanihitoが2010年8月21日 09:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2010年8月11日(入院日記抄)」です。

次のブログ記事は「2010年8月13日(入院日記抄)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。