2010年8月15日(入院日記抄)

 昨夜主治医から心臓は問題なしとの判断を聞かされる。安堵。

 帰宅。

 納涼古書市

R0010978.JPG 糺の森で毎年開かれている納涼古書市をmのぞく。お目当ての本屋は出店しておらず成果なし。京都では5月に岡崎公園、8月に糺の森、11月に百万遍と年3回古書市が開かれる。全国的に古書店は減っている。京都も例外ではない。本を読まなくなる傾向、経営者の高齢化を考えると書店数は急速に減るに違いない。店舗を持たずネットでだけ商売する書店も増えている。ネットを私は重宝している。本屋を散策する楽しみは減ったが、本を探す仕事はずいぶんと楽になった。

 「終戦記念日」

 今日はいわゆる「終戦記念日」、毎年腹立たしく、いらいらさせられる日だ。もっともらしく戦没者の霊に拝礼し、黙祷を強要する。東京大空襲や無数の地方都市が空襲によって甚大な被害を被った。私自身も家族を失い財産をなくして貧窮のどん底に突き落とされた被害者である。死者数、物的損害について公的な調査もない。民間人の被害は広島、長崎、沖縄だけではないのだ。調査と補償を求めたい。メディアによれば補償を求める全国組織が東京に設立されたという。補償よりも慰霊施設を作り、歴史として残してほしい。このままでは忘れ去られてしまう。

このブログ記事について

このページは、kitanihitoが2010年8月25日 16:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2010年8月14日(入院日記抄)」です。

次のブログ記事は「2010年8月16日(入院日記抄)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。