2010年8月9日(入院日記抄)

 今日の検査は24時間血圧と心電図を測定する検査。今夜は熟睡できないだろう。

 病院の食事

 大きな病院はケータリングを利用しているところが多いが、この病院では院内で調理しているようだ。中央卸売市場餅核にあり、よい素材を仕入れることができているのかもしれない。

 2年前の入院のR0010938.JPG時には毎食ほぼ余さずに食べていた。今回はどうも食欲がわかないのだ。理由ははっきりしている。年齢を重ねるにしたがって好き嫌いが強くなるようだ。家では朝食はパン食だから和食が出ると食欲が減退。家では玄米食で茶碗に少々頂く程度なのにここでは白米のご飯がたっぷりと出てくる。残すのがもったR0010941.JPGいないから量を減らしてくれるよう申し入れたら、さっそく栄養士さんが相談にやってきた。

 最小限必要なカロリーをご飯で確保できるように献立を作っているので、なんとか食べてほしいと言われた。私の嫌いな食品をできるだけ出さぬようにし、ご飯の量を少々減らしてもらえることになっR0010943.JPGた。

 私のようにうるさい患者に対応するのには苦労も多いだろうが、」このようなきめ細かい対応ができるのもケータリングに頼らずやっていればこそだろう。今日の食事の写真を載せておこう。

 長崎原爆投下65周年の記念日であった。

このブログ記事について

このページは、kitanihitoが2010年8月20日 10:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2010年8月8日(入院日記抄)」です。

次のブログ記事は「2010年8月11日(入院日記抄)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。