2010年12月30日−歳末、おせち料理ー

  年齢を重ねるとともに、新年を迎えることに感動を覚えることはおろかあらたまって新年の行事を行うことも面倒くさくなってきた。子ども頃は年があらたまるごとに年齢が一つ増え、除夜の鐘を聞くと父と一緒に神社お寺に参拝し、雑煮の水を準備する。家族があらたまって新年の挨拶を交わしたものだった。今は年齢がふえる訳でもなく、新年に関わる宗教的習俗も私の家からは消えてしまった。残った習俗は年賀挨拶の代用として発達した年賀状交換とおせち料理くらいだろうか。

 年賀状は年々出すのもくるのも減ってくる。年齢を重ねるとともに、準備がだんだんとおっくうになる。今年で止めますという挨拶状も舞い込むようになった。生きている証として死ぬまで出したいと思っている。数年前からメールアドレスを持つ人にはメールで年賀状を送ることにしている。ところが個人や家庭の次元でのIT化は遅遅として進まない。紙を出来るだけ使わない暮らしを心がけることは地球への負荷を減らすために重要なことだと思うのだが。

 おせちは以前は料亭から取り寄せたり自分でかなりの数を作っていたが、今はもうそれにも飽きてしまった。食べたいものを二つだけ作っている。一つは棒鱈と海老芋の炊いたもの、それに数の子である。海老芋は別としてどちらも以前は北海道からきていたのだが今ではロシヤからの輸入である。

R0011042.JPG 真鱈の干物である棒鱈は水で戻す必要があるが、料理する日の朝に錦市場に戻したものを買いに出かける。適当な大きさに切ってもらう。海老芋は字の通りにその姿はえびに似ているのでこのように呼ばれる。里芋やセレベスよりも高価であるが、年に一度のことだからこの芋にしている。鱈や芋の本来の味を損なわないように味付けするのが私流である。 

このブログ記事について

このページは、kitanihitoが2010年12月29日 07:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2010年12月21日ー教授手作りの干し柿−」です。

次のブログ記事は「2011年1月7日ー高い天井の効用ー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。