2011年3月19日ーあまりに凄惨なー

 3月11日午後、診療所で風邪薬を処方してもらっての帰り道、タクシーの運転手が東北で大地震が発生したことを教えてくれた。帰宅後すぐにテレビのスィッチをいれる。名取川河口あたりから遡上ずる津波のライブ映像が映し出された。あの日以来毎日テレビに何時間も対面し起きていることを理解しようとしいる。
 いつかは起こりうる自然災害ではあった。地球が内包するエネルギーの突然の放出を人知によって抑制することなどとうてい不可能なことだ。人類はたかだか地球の表層にへばりついて営みを続けているだけのことで、覇者であるかのようなおごった態度はもう止めようではないか。地球を搾取しつける「地球に優しい」などという表現はもうやめようではないか。地球の発する厳しさを思想に反映させようではないか。愚かな政争に終始するばかりの政治家はほっておいて、真剣に議論を始めようではないか。いろなことが脳裏ををよぎる。災厄に遭遇して命を落とされた方たちには心からの弔意を表したい。

このブログ記事について

このページは、kitanihitoが2011年3月14日 20:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2011年3月15日ー蟹と山葡萄ー」です。

次のブログ記事は「2011年3月22日ーあまりに凄惨な(続)ー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。