2012年4月12日ー使い込まれた道具の美しさー

 一昨日、千本五辻を西に入って散策したときに考えたことを書いておこう。五辻通は今出川通は今出川通の南側の通で西陣と通称される地場繊維産業が密集していた地域の中心的な通の一つである。昔の繁栄の面影はまだいくらかは残っている。西に少しいくと千本釈迦堂(大報恩寺)の参道があり、北野天満宮の東門でこの通は終わる、天満宮の北門を出て西に折れ、天神川を越えると桜の名所、平野神社の朱塗りの鳥居が見えてくる。昨日の散歩の目的は花見だったが、今なおの多くの暖簾がかかる店を観察することも目的の一つであった。
R0011394.JPG
 最初に眼に入ったのが長谷川杼製作所の看板と暖簾、こしらえている現場をみせてもらいたかったが、暖簾をくぐるのをためらった。もう少し西に歩いて七本松通の角に面白い看板の店がある。稲垣機料株式会社とある。厚かましく入ってみた。手織り織機とその部品を扱う店
R0011411.JPG
で、ご主人は冷やかしの客なのに親切に応対してくれた。西陣に限らず全国の機屋さんと取引があり、最近は沖縄との関係も深いという。伝統産業の衰退と同時に道具をつくる職人が減っていることに危機感を持っておられた。
R0011413.JPG
 木製の道具はどれも丁寧に仕上げられており、見ているだけで心がなごむ。店内のあちこちに使い込んだ道具が展示してあった。それを眺めていると、私の視線が欲しそうに見えたのであろう、あれは売り物ではありませんと釘を
R0011414.JPG
刺されたが、古物商で買うと結構な値段だそうな。
 このような使い込まれた古い道具を見ると、船大工だった父を思い出す。さまざまな種類の鉋(かんな)、鑿(のみ)、ちょうな、鋸、金槌、げんのう、かけや、墨壺、曲尺、そして道具箱。父は几帳面な人だったから、道具の整理
R0011416.JPG
と手入れを怠らなかった。私は父の仕事を継がず、職人とはまったく正反対の学問の道に進んでしまったから、父を偲ぶ道具類は手元に一つも残されていない。それでも、学者として成長していく節目の時にには、父の職人としての生きざまは手本になったと思う。
 道具は職人たちの熟練の手にあわせて改良されたてきた。それだけに道具は美しい形になる。使い込まれた道具は、それを使った職人たちの心意気を感じさせる。
 このような道具の美しさは、博物館では感じ取れない。神戸市に竹中工務店が収集した道具の博物館がある。一度見に出かけたが、あまり感動しなかった。道具の美しさは使う職人あってのことだと思う。伝統産業の衰退でその職人が減ると、どうなるか。当然のことながら、道具をつくる職人も減る。父が生業としていた木造船つくりの技術もほぼ絶滅に近い状態である。父が愛していた道具の産地はどうなっているのだろうか。
 稲垣さんの店を覗いて帰宅してから、つくずくこの国の産業構造のいびつさを考えていた。職人の手仕事の世界が廃れる経済が人間的であるはずがない。

このブログ記事について

このページは、kitanihitoが2012年4月11日 20:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2012年4月8日ースリランカと私ー」です。

次のブログ記事は「2012年5月3日−景観を壊してまでつくる必要があるのか−」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。