2013年2月17日ー77回目の誕生日ー

 先日77回目の誕生日を迎えた。この年齢になるとさまざまな病とつきあわされるようになる。これはやむを得ないことだ。それとうまくつきあいながらそれなりに充実して生きられるのはうれしいことではある。2001年は大腸癌の手術をした。2011年は頸椎の神経障害で身体がほとんど動かなくなった。10年ごとに大病を患うのであれば、2021年には一体何が待ち受けているのだろうか。将来にいくらかの不安を抱きながらも私は今の充実を喜び楽しんでいる。
IMG_0002R.jpg
 誕生日を祝って古い写真を一枚披露する。択捉に住んでいた叔父のJさんが兵役の休暇の際に私の兄弟たちと写真館で撮影したものである。写っている私はおそらく1才前だろう。まだ歩けないので叔父の股に支えられてようやく立っている。着ている綿入れの着物、姉たちの服装から見ておそらく冬で、1936年末か翌年1月頃だろうか。叔父は部隊から休暇をもらっても海が時化ているか流氷のために島に帰れずわが家に逗留していたに違いない。中国侵略が本格的になる直前の頃、叔父の表情にも出征兵士の緊張感は感じ取られない。
 私のこども時代の写真は空襲ですべて消失した。この写真は叔父がソ連軍に追われて脱出する際に腹巻きに隠して持ち帰った貴重なものである。

このブログ記事について

このページは、kitanihitoが2013年2月16日 14:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2013年2月7日ー教師の暴力ー」です。

次のブログ記事は「2013年2月24日ー馬肉ー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。