2013年2月24日ー馬肉ー

  ーロッパの馬肉混入スキャンダルについてコメントしたついでに、馬肉の思い出話をいくつか。
 大学院に進む頃まで私は牛や豚、鶏等の獣肉を食する機会はほとんどなかった。理由は簡単だ。高価だったからである。食していたのはもっぱら魚であった。例外的に鯨肉、馬肉を食することもあるにはあった。鯨は獣肉なのに魚として扱われ、魚屋の店先に並んでいたと思う。漢字を発明した中国人が勘違いしたため、最大の魚として魚の漢字群に入れてしまったのだ。庶民の重要な蛋白源であり、学生時代寮の夕食の献立にはにはたびたびカツレツとして登場した。冷めてしまうととても食べられたものではなかった記憶がある。
 馬肉に初めて遭遇したのは戦後すぐの食糧事情が最悪の時期であった。農耕や交通のために使役されていた馬たちが密殺され、親たちがどこかで手に入れてきた。荷馬車をいて働く馬たちを思い感謝して食した記憶がある。美味とは言いがたかったし、相当の老馬であったのか、すじが多い肉でかみ切るのに苦労した。どういう訳か牛乳をベースにした汁に調理され、「牛馬汁」と命名されていた。馬への感謝の気持ちとともに食してはならいないもの食したことへの後ろめたさとともに思い出すことがある。
 大学に入った頃のことだ。そのまちの繁華街のはずれに「さくら肉」という看板を掛けたすき焼きの店があった。学部3年の頃だったろうか、その店でゼミのコンパがあった。田舎者の私は食べ終えるまでそれが馬肉であることを知らなかった。ひもじかった子どもの頃に食した馬肉と大違いで、やわらく美味ではあった。さくら肉を食したのはその時1回きりだったと思う。どうも働く馬の姿を思い出して食したいという気持ちが萎えてしまうのだ。信州や熊本の郷土料理を出す店では馬刺は定番であるが、どうしても注文する気にはならなかったし、南アフリカで縞馬(ゼブラ)の肉を供されたときも手が出なかった。
 なぜ「さくら肉」というのだろうか、辞書を引くと肉の色が桜色しているからだという。確かに牛肉に比べて淡い赤色をしていたと思う。この命名は牛肉に対抗してのものではなかったのだろうか。牛肉に比べて馬肉ははるかに安価であった。牛肉を食せない庶民が決して安っぽいものではないことを示すための命名ではなかったろうか。生活水準が向上し、高くとも牛肉のすき焼きを食せるようになったせいであろうか、くだんのさくら肉すき焼き店はいつのまにかなくなっていた。

このブログ記事について

このページは、kitanihitoが2013年2月24日 20:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2013年2月17日ー77回目の誕生日ー」です。

次のブログ記事は「2013年4月19日ー千本通下長者町通西入ルー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。