酒なくて・・・

 退院してほぼ3ヶ月が過ぎた。先週土曜日退院3ヶ月目の診察で執刀医は順調な回復との判断、胃が手術前の水準に回復するにはあと3ヶ月の養生が必要という。おそるおそる気になっていることを訊ねてみた。お酒はそろそろ飲んでもよろしいでしょうか。まあ少しずつ試してみて下さい、急に酔いが回って失敗する人もありますよ。
 病院近くの中央卸売市場にある「すし市場」ですしをつまみながらの早速の飲酒。何ヶ月間、酒を断っていただろうか。ガンを宣告され手術を決意したときからだから5ヶ月以上にはなるだろう。小さくなった胃をするりと通り抜け、気にしていた急な酔いも来なかった。酒を本当にうまいと思った。ささやかだが、私の長い飲酒人生で最高の酒宴となった。もちろん医師の忠告通り、お猪口で2杯に止めた。
P6200281.JPG
 昨日、まちに買い物に出たついでになじみの「くりた」に立ち寄り昼食をとった。タクシーの運転手に行き先を団栗橋西詰と告げると、お客さん、あのあたりで昼食とは豪勢ですなとからかわれた。なじみの店なら、量も好みも無理を聞いてくれるし、時間をかけて食事できるしね。
 店主のすすめで、日本酒のオンザロックを楽しんだ。この次はどういう仕掛けで酒を試してみようか。ワインもいいかな。いろいろ構想している。考えるだけでも楽しいことだ。酒なしでの会食、酒抜きでの外での夕食など考えられないものね。
 「酒なくてなんの己が桜かな」
(2017/06/21)

このブログ記事について

このページは、kitanihitoが2017年6月21日 17:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「治安維持法による北海道綴方教育連盟弾圧がもたらしたもの は何かー1942年の国民学校入学式に考える(続)ー」です。

次のブログ記事は「至福の時ー「北海しまえび」と「ラインガウ・ワイン」の組み合わせー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。